歯科

ボーン・アンカード・ブリッジとは?

ボーン・アンカード・ブリッジはインプラントの治療法の中でも最も歴史のある方法です。
どのようなものかというと、4~6本のインプラントを埋め込み、それでブリッジになっている義歯を固定するという方法です。
この方法は特に下顎の歯が全て無い方で、入れ歯だと不具合を感じる・うまく噛めない、などといった方に最適の方法です。

ボーン・アンカード・ブリッジの最大のメリットは、違和感なくものが噛めるようになるということです。
ブリッジをインプラントで固定してしまいますから、歯茎の部分で支えるようになる入れ歯のようにガタつくということがありませんし、取り外しをしませんから
日頃の違和感ということもありません。まるで自分の歯であるのと同じように歯ブラシで毎日のケアをすれば良いのです。

また、審美的な面からいっても利点が大きく、義歯の位置を調節することで見た目も整えることが可能です。
長期で使えば使うほど体に馴染んでしっかりと使えるとうになってくるという面もありますから、特に若くして総入れ歯にしなければならない状態になってしまった方などには、
とても向いている方法と言えます。

一方、この方法のデメリットはというと、やはりインプラントを埋め込むという部分で外科手術が必要になってきますので、その負担があります。
また、義歯の形状がブリッジですから、どうしても日頃の歯ブラシによるケアでは磨ききれない部分も出てきてしまいます。
そのため、半年から1年に1回は医院でのクリーニングが必要になってしまいます。
自宅での手入れだけでは不十分というのは、少し不便な面でもあります。
ボーン・アンカード・ブリッジの場合にも、それが治療された方の体の一部として自然に機能するかどうかというのは、全て設計にかかっています。

骨の状態、噛むときの力のかかり方など、きちんと計算し設計されることで、自然に使える歯になっていくのです。
食事がしにくい、しゃべりづらい、などの不具合が発生しないためにも、きちんと設計のできる医院での治療が望ましいでしょう。

Menu