歯科

品質にすぐれたものを使用するインプラント治療

インプラント治療というのは歯を失った際に義歯を装着するための方法です。
その方法は、まず顎の骨にインプラントを埋入し、それを骨と結合させてから義歯を支えるための金具を取り付けて、最終的に義歯を取り付けるというものです。
この方法ではインプラントはまさに体の一部になっていきます。
ですから、無理なく結合してくれるような高品質のインプラントを使用するということはとても大切なことです。

インプラントと一口に言っても、その方法には種類がありますし、インプラントを提供している企業も多くあり、その品質も様々です。
そもそもインプラントの技術というのは、スゥエーデンのペル・インクヴアール・ブローネマルク博士が発見した
「チタンと骨が完全に結合する」ということをもとに開発されました。

チタンはある条件下で埋入するとほとんど拒絶反応を起こすことなく骨と結合するというのです。
この発見をもとにして、現在では多くの種類のインプラント体が販売されています。
中には高価なものもあれば安価なものもあり、その形状も様々です。

重要なことは、そのインプラント体が患者の口腔内の状態にぴったりと合っているかどうかということです。
ぴったりと合っているインプラントを選んでもらえれば不具合もなくインプラントと骨は結合してくれます。
しかし、高価なものであったとしても状態に合わないインプラントであれば、体調不良などの不具合が生じる可能性が出てきてしまうのです。
歯は生涯に渡って使っていくものですし、そこに不具合が生じてしまっては、連鎖的にあちこちに不具合が生じる危険性もあります。
ですから、きちんと検査をしてそれぞれの状態によく合った高品質のインプラントをきちんと選択できるような経験豊富な医院でのインプラント治療が必要です。

また、インプラントは現在も日々研究が進められており、より高品質なものが開発されつつあります。
自由診療ということもあり費用が高価になりがちですが、価格ではなくその質で選ぶことが大切なのです。

Menu