歯科

オーバー・デンチャ-とは?

インプラント治療には様々な方法があり、その方法の一つにオーバー・デンチャーがあります。
オーバー・デンチャーというのは、インプラントを埋め込んだり、元々残っている歯で入れ歯を支えるという方法です。
通常歯が全てなくなってしまうと、その後歯を支えていた骨は吸収されてどんどんなくなっていってしまうそうです。
そうなるとしっかりと噛むということがどんどんできなくなっていってしまいますよね。
そうした状態の進行を遅らせることができるのがオーバー・デンチャーというわけです。

歯やインプラントで入れ歯を支えるのでしっかりと噛めるようになるというのは大きな利点でしょう。
そんなオーバー・デンチャーは非常に症例が多い方法の一つでもあります。
それは全体の構造がシンプルで、長期間に渡るメンテナンスがしやすいという利点があるからです。
歯は生きている間ずっと使い続けるものです。
そうした時に手入れが難しいという問題がでてきてしまうと、なかなか安全に使い続けることが難しくなってしまいます。
ですからメンテナンスがしやすいというのは非常に優れた点です。

しかし、このオーバー・デンチャーは設計がきちんとしていないと、不具合を生む元になってしまうことがあります。
インプラントで入れ歯を支えるというのがしっかりと噛める要因になっているわけですが、その分インプラントに力がかかり過ぎて負担になってしまうということがあるのです。
ですから、最初の段階できちんとした設計ができていないと、そうした負担によって不具合が起きてしまいますから、経験豊富な医院できちんと設計してもらうことが
大切になってきます。

また、総入れ歯だけでなく部分入れ歯であってもオーバー・デンチャーの技術を使うことは可能です。
ですから今ある歯を残しつつ、しっかりと噛める入れ歯を取り付けるということができるというわけです。
その場合、入れ歯を取り外せますから、自身の歯の手入れがしやすいというメリットもあります。

Menu