歯科

インプラント治療の進め方

インプラントの治療というのは1回だけで終了するというものではありません。
綿密な設計を行ってから取り組まなければいけないものですし、骨とインプラントが結合するまでの期間も必要になってきますから、通常の歯科医院で行う治療よりも
長期間の時間が必要と考えておくと良いでしょう。

インプラントを行おうと考えた場合、まず検査が行われます。
インプラントは顎の骨の状態や噛み合わせなどによってひとりひとり違った設計をしなければいけません。
そのためにはまず最初に口の中の様々な状態を把握しなければいけないのです。
もしも、それを怠ってただ単にインプラントの治療をしようというような医院であったとしたら、その医院では満足のいくインプラントは受けられない可能性がありますから、
こうした事前の診療をきちんと行ってくれる医院へ行くようにしましょう。

そしてその診療の結果をもとにしてインプラント治療の設計をしていきます。
また、インプラント治療を施したとしてもそれ以外の口腔内のトラブルがあった場合には、違ったトラブルが発生するもとになってしまいますから、そうしたものも全て治療をします。
そしていよいよインプラントを埋め込むという段階に入ります。
インプラントは1本30分程度で埋め込むことができ、その前後の時間も合わせると半日程度で終了します。

そしてインプラントの埋入が終わると、それが骨と結合するようにカバーをします。
この状態で結合するまでの期間は入れ歯を使って生活することとなります。
骨とインプラントが結合したら、インプラントの先に義歯をつなぐ部品を取り付けて、仮歯で具合を調整し、最終的に義歯を装着します。

インプラント治療にはいくつかの種類がありますが、おおよそこのような手順で治療は進んでいきます。
インプラントは埋め込んでしまうと骨と結合してしまうものですから、体の一部になっていってしまいます。
裏を返せばきちんと設計してくれる医院でなければその後不具合が残ることが考えられるということですから、しっかりと医院選びをすることが重要です。

Menu